クラシック好きの何でも屋は大阪出身でした。

先週は好きなオーケストラのクラシックコンサートがありました。
今回も一人参加だったのですが、隣の席の人が話しかけてくださったので、
クラシック話に花を咲かせました。
その方と趣味が似ていたので、コンサート後飲みにいくことに。
気付いたら3時間も話し込んでおりました(^^)
連絡先を交換するほど話の合ったその男性は何でも屋で大阪出身の人。
どんな話にも落ちがつくので聞いててあきませんし、いい飲み友達ができました。

オーディション俳優番組を見て。

だいぶ前に、オーディション俳優番組を見てて「何か好きな曲を歌ってください」
という所があって、某男性グループの曲ばかりで「うわ…」って思って
見ていたのですが、その中でクラシカルな曲をチョイスした俳優を見て
その俳優の個人的好感度が上がりました。
個人的な楽曲の好みもあるのですが、どうも好きな曲でJpopを
即答出来る人が苦手な様です。
格好を付ける訳ではないのです。
ただ最近の曲は「これでしょ」感が凄いと思うのです。
ミュージシャンよりも消費者がセンスを問われる時代なのかも知れませんね。

井之頭病院のブログにはクラシック曲の記事があり

趣味の情報収集ってどうしていますか?
私はブログ記事から得ることが多く、一通りの要人はブックマークしたり、
お友達申請したりしています。
やはりクラシック曲好きな人が選ぶものはいいですね。
そんなこんなで楽しくブログチェックをさせていただいております。
さて、いろいろ検索したりブログからブログへ流れていくと印象に残る
(ブクマ必須)のブログに当たります。
この瞬間がまた嬉しいんです。
今日は井之頭病院のブログが良かったです。

水道の水漏れでクラシック談義

本当なら土曜日は近くの喫茶店でのクラシックライブを聴きに行く予定
だったのですが、水道の水漏れで、どうしても家を出ることができず、
泣く泣くあきらめたんです。
水漏れ具合が半端なく、床まで浸水しそうな勢いだったため、
あわてて修理屋さんを呼ぶことになりました。
あきらめて好きな曲を聴きながら修理屋さんを待とうと曲をかけたら、
修理屋さんのスタッフがクラシック好きらしく、思わず話し込んでしまいました。
かなり詳しいクラオタさんでして、メール交換までしちゃいました(笑)。

ウェルカムボードが誕生日にしては凝っていた!

毎年盛大に、誕生日を開催する方がいるのですが、
今年のウェルカムボードが誕生日にしては凝っていて
レコードを使った格好良いものだったんですよね。
本当に聞けるものかどうかは分かりませんが、洒落てましたね。
間には演奏やショーなどの余興もあり、
毎年よくあれだけの規模をやるもんだなと関心します。
最近Rockのライブに行きましたが、それはスピーカーを一回通すんですよね。
クラシックはスピーカーでなくそのまま生で聞けるから良いですよね。
ああ、また生の演奏を聴きたい。

嵌りの伝授は、チラシと圧着ハガキ印刷と。

密かに嵌っている事があります。
人に言うと変に言われるので「王様の耳は、ロバの耳」的に
ここだけで発散しようと思います。
まず、帰宅後にポストをチェック。
数日に2回位、チラシや圧着ハガキ印刷が入っています、
それを集合のゴミ箱には入れず持ち帰ります。
部屋に入ったら音楽をかけ、そして椅子の横にお酒を用意して音楽を聴きつつ
お酒を傾けそのチラシを眺めるのが、最近の嵌り事なのです。
自分でもどうかしていると思うのですが、仕事で凝り固まった頭が無に帰るというか、
無心になれるです。
コツとしては、チラシの内容はあまり興味がないことでしょうか。

水道の水漏れ…恐ろしや!

昼間の話ですが、水道の検針に来たおばさんが家のベルを鳴らしたんです。
たまたま家にいた私が玄関先に出ると「○○さんのお宅、
水道の水漏れがありませんか?」と今月の請求を見てびっくり!
普段1万円もいかない我が家の水道料金が5万円を超えているではないですか!!
急いで水道修理屋さんを呼んで見てもらうと、
見えない部分が水漏れしていた模様。
ああ、来月行きたいクラシックコンサートがあるのだけど、
こりゃしばらく行けないかな…。

プロミスの過払い金で思い出した思い出。

大学時代にこんなことがありました。
どうしても行きたいコンサートがあって、でもお金はなくって、
でどうしたかと言うと日雇いの仕事にいったのです。
納豆の試食販売というとんでもなものでしたが、なんとか捻出出来ました。
同じくお金のなかった友人はというと学生ローンで調達したそうですが、
私はどうしても借金に抵抗があったのです。
でも、謝金をして聞くクラシックより返済義務なく聞くクラシックの方が
精神衛生上も良かったはずです。
最近はプロミスの過払い金問題が新聞で上げられていますが、
見る度借金しなくて良かったと思い出します。

労働者派遣事業に音楽家の仕事があるそうだ

某大手労働者派遣事業者の募集要項で「音楽部門」を発見し、
驚いたのですが、「仕事」と「個人の音楽活動」の両立を
サポートしてくれるらしいですね。
音楽に特化した福利厚生制度もあり、
音楽の才能を生かしながらキャリアアップもできるし、
これは仲間にもぜひ紹介したいところです。
ミュージックメイトスタッフ制度、というらしいです。
経験値や知名度を上げるサポートも生活を安定させる
サポートもしてもらえると、音楽家の皆さんも頑張れそうですね。

音楽問答。トイレでつまりな発想!

クラシックを趣味にしている人は、オーディオにもこだわる人は多いですよね。
良い音楽を良い音質で聞きたいと思うのは当然です。
とは、言ってもなかなかお金がないとおいそれとは行きません。
特にお風呂でクラシックを聴く事が何よりの幸せと思っている私などは、
流石にお風呂に音響設備を完備など出来るはずもなく、
お風呂スピーカーが精一杯。
しかし、この現状を打破出来ないかとトイレで考えました。
そこで考えたのが想像で補うです。
トイレでつまりどういうことかというと、あまり大きな音にせず、
指揮者の様に頭に音楽を描くのです!どうでしょう?

羽生君とこいのぼり通販

フィギュアスケートで使われたクラシック音楽は、
やはりダウンロード数も増えますし、シーズンごとにアルバムが
作られたりしますね。
浅田真央選手の2013-2014シーズンはショパンのノクターン(夜想曲)や
ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番ですね。
羽生結弦選手は今回有名になったのはクラシック音楽ではなく、
ゲイリー・ムーアの「パリの散歩道」でした。
今回はこの二人が話題をかっさらいました。
ところでこいのぼりを通販で購入しようと思っているんですが、
調べてみると本当にたくさんあるものですね。