赤ちゃんは陥没乳頭を発症しているケースが少なくありません。陥没乳頭にはさまざまなデメリットがあるので、必要に応じて治療が求められます。ここでは陥没乳頭と遺伝の関係性、治療の必要性や方法などについて説明しています。陥没乳頭はある程度年齢を重ねたときに、違和感やコンプレックスを感じるケースが少なくありません。治療をするべきかしっかりと見極めること、また治療をする場合の時期などを詰めていくことも大切でしょう。間違った対処法を避けるためにも、迷ったときは専門家に相談するのが得策です。具体的な対処法や治療の必要性なども教えてくれるはずです。

陥没乳頭の原因には遺伝もあり

陥没乳頭の原因のひとつが遺伝であり、その割合は50%になるとも言われています。親が陥没乳頭で悩んでいる場合、赤ちゃんにも遺伝しやすいのは間違いありません。乳腺と乳管の成長に問題がある場合に発生しますが、放置しておいても自然に治ることがありますので、しばらく様子を見てみるのがよいでしょう。赤ちゃんの乳頭が陥没しているからと言って、すぐに治療が必要になるわけではありません。小さいお子さんに手術をするのは本人はもちろん親にとっても苦痛になりますので、ある程度成長するまで様子を見てみるのがよいです。

思春期の年代になってコンプレックスを感じ始めるケースは少なくありません。重要なのは本人がコンプレックスに感じるかどうかでしょう。恋人ができてから本格的に悩み始める人も多く、治療をするタイミングは人それぞれです。陥没乳頭の割合は10%程度と言われており、決して多いわけではありません。ただ人と比較をする状況は少ないでしょうから、ほとんどの女性は発症率を知らないです。凹んでいても普通だと考えている女性もいますし、同様に男性側もまったく気にしないケースがあります。いずれにしても本人が気にするかどうか、治療の必要性を感じるかどうかが大切です。

治療を考えるべき時期とは

乳管が未発達により陥没乳頭を引き起こしている赤ちゃんは少なくありません。成長とともに改善するケースもあればしないケースもありますが、初期の段階では見分けるのが困難です。小学生くらいになれば改善することがありますので、しばらく何もしないという対処法もありです。症状の度合いによっても変わりますが、軽度であれば吸引機で解消する選択肢があります。吸引機で対処できない場合は手術をすることになるでしょう。治療するべきかどうかは将来的にお子さんが悩みに感じるかがポイントになります。お子さんが悩むようになったら、本格的に治療を検討するのがよいでしょう。

陥没乳頭には仮性と真性の症状があり、前者は刺激を与えることにより解消することが多いです。後者は改善しませんので、吸引機や手術などで対処することになります。もちろん自分やパートナーがまったく気にしていないなら必ずしも治療は必要ではありません。ただ凹んでいる状態だと乳頭に汚れが溜まりやすく、炎症のリスクを高めるなどの問題はあります。衛生的な問題を考えるうえでも、やはり治療をするのが得策でしょう。雑菌が繁殖すると乳腺炎の発症率を高めるなど、何かとデメリットが大きいのです。

手術をしておけば悩みが消える

陥没乳頭の手術に要する時間は15分くらいです。麻酔注射を打つときはやや痛みがありますが、それ以外はほとんど無痛です。身体への負担が軽い手術であり、即日で帰宅できるのがメリットです。もし赤ちゃんに陥没乳頭が遺伝した場合は、思春期くらいまで待ってみるのも手でしょう。ある程度の年齢になったら、親から陥没乳頭のデメリットを伝えてあげるのも一案です。陥没乳頭は審美的な問題のほかに、乳頭が不衛生になったり授乳が難しくなったりする問題があります。大人になってから困る女性はいますので、できれば成人になる前に治しておきたいところです。

ひとたび治療を受けて改善させれば、再発するケースはほとんどありません。一生に一度の手術になりますので、思い切って受けておくと楽になります。陥没乳頭の状態よりも正常な乳頭のほうかよいのは間違いありません。不衛生になりやすい問題はすべての女性が対象になりますので、洗浄するときに問題があると感じるならば治療が必要でしょう。いずれにしても赤ちゃんの段階では治療をする必要はありません。遺伝により陥没乳頭になった場合も、ある程度の年齢になることで改善することはあるからです。

まとめ

陥没乳頭には遺伝が関係しており、それにより赤ちゃんに発症するケースはあります。ただ陥没乳頭だからといってすぐに治療が必要なわけではありません。自然に治っていくこともあるので、ある程度大きくなるまで様子を見るのが得策です。親ができる対処法はしばらく様子を見て、必要と判断されるなら本人に治療を勧めることです。陥没乳頭にはデメリットがありますので、治療をしたほうがいいのは間違いありません。一方で真性ではなく仮性の症状の場合は必ずしも治療は求められませんので、症状の度合いも考えて見極めていく必要があります。

注目のホームページ
陥没乳頭の治療をお考えのあなたへ
あなたに合った治療の提案を致します