プロミスの過払い金で思い出した思い出。

大学時代にこんなことがありました。
どうしても行きたいコンサートがあって、でもお金はなくって、
でどうしたかと言うと日雇いの仕事にいったのです。
納豆の試食販売というとんでもなものでしたが、なんとか捻出出来ました。
同じくお金のなかった友人はというと学生ローンで調達したそうですが、
私はどうしても借金に抵抗があったのです。
でも、謝金をして聞くクラシックより返済義務なく聞くクラシックの方が
精神衛生上も良かったはずです。
最近はプロミスの過払い金問題が新聞で上げられていますが、
見る度借金しなくて良かったと思い出します。

労働者派遣事業に音楽家の仕事があるそうだ

某大手労働者派遣事業者の募集要項で「音楽部門」を発見し、
驚いたのですが、「仕事」と「個人の音楽活動」の両立を
サポートしてくれるらしいですね。
音楽に特化した福利厚生制度もあり、
音楽の才能を生かしながらキャリアアップもできるし、
これは仲間にもぜひ紹介したいところです。
ミュージックメイトスタッフ制度、というらしいです。
経験値や知名度を上げるサポートも生活を安定させる
サポートもしてもらえると、音楽家の皆さんも頑張れそうですね。

音楽問答。トイレでつまりな発想!

クラシックを趣味にしている人は、オーディオにもこだわる人は多いですよね。
良い音楽を良い音質で聞きたいと思うのは当然です。
とは、言ってもなかなかお金がないとおいそれとは行きません。
特にお風呂でクラシックを聴く事が何よりの幸せと思っている私などは、
流石にお風呂に音響設備を完備など出来るはずもなく、
お風呂スピーカーが精一杯。
しかし、この現状を打破出来ないかとトイレで考えました。
そこで考えたのが想像で補うです。
トイレでつまりどういうことかというと、あまり大きな音にせず、
指揮者の様に頭に音楽を描くのです!どうでしょう?