運命の楽譜を一章節、ホワイトボードに書いてみた

楽譜を書くことはとても大変です。
手書きの楽譜に一度書き込みますと消すのが大変だとともに、
自分でひらめいた運命とも思えるような楽譜を
すぐに正式な楽譜に書き込むことはとても大変です。
ホワイトボードはそういう意味ではとてもありがたい存在です。
思い立ったままをホワイトボードに書き記し、
少々でも変更したい部分や章節があれば、
自由に変えることができます。
また音楽家を目指す人にとっては、
クラシックの楽曲を書き記すことで、音楽の勉強になりますが、
丁寧に手書きの楽譜を書いているようでは、
なかなか楽譜を書いたり読んだりすることが難しく、
楽譜の勉強をすることができないです。
一章節だけでもホワイトボードに記すことで、
ご自身が作曲した名曲をより良く変更しつつ、
最終的には紙の楽譜に正式に書き、保存することもできるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です