成長とともに改善される場合もい

乳首が陥没している陥没乳頭で悩む人は多く存在しますが、その原因のひとつは遺伝といわれています。親や親族に陥没乳頭の人がいる場合は遺伝である可能性は高いといえるでしょう。そして遺伝で陥没乳頭になった場合は、見た目のことで悩む人もありますし、将来の授乳を不安に感じている人もあるのではないでしょうか。手術でも治すことはできますが、できることなら、手術は受けたくない、自力で治したいと考える人は多いものです。
遺伝による陥没乳頭も軽度から重度まで症状は人それぞれ違いがあります。仮性の場合であれば、刺激を与えることで露出されますので、マッサージや専門の器具などを使って治すことができる場合もあります。自力で治す場合は、毎日の努力が必要になりますので、結果を焦らずに根気よくケアしていきましょう。子供の場合は成長とともに自然に治るケースもありますので、過剰に気にしすぎることなく成長を見守ることも大切です。子供の場合は、乳首に強い刺激を与えることは避けたいので、マッサージなどは成長してからのケアになります。

重度の場合は治療も考える

遺伝による陥没乳頭は軽度であれば、自力で治せることもありますが、重度の場合は刺激を与えても露出させるのは難しいものがあります。健康に影響がないからと放置していると、将来の授乳で悩むことになりますし、乳腺炎になることもありますので、やはり治すことは考えたいところです。
陥没乳頭が重度の場合は、自力で対処するのは困難ですが、医療機関の治療で良い改善が期待できます。陥没乳頭の治療は手術で行われることが一般的ですが、最近は乳管を切らずに治せる治療も登場しています。症状により合う治療方法は変わってきますので、まずは診察を受けそれぞれに最適な治療を選んでいきましょう。治療では費用がどれぐらい発生するのかも気になるところですが、授乳に影響が出るぐらいの重度の症状の場合は保険適用できる場合もあります。この場合であれば、手術費はかなり抑えられますので、医師に保険適用できるかどうかを確認してもらいましょう。

まとめ

陥没乳頭は遺伝で発生することが多いとされています。できることなら自力で治したいという人もありますが、刺激を与えると乳首が露出するような軽度の場合であれば、マッサージや専用のグッズを活用することで治せる場合もあります。そして、子供の場合は成長とともに改善する場合もありますので、結果を焦らずに見守ることも大事です。重度の場合は、自力で治すことは困難になりますので手術などの治療で改善させることを考えていきます。