マッサージで改善できます

遺伝性の陥没乳頭の治療法の症例として、マッサージがあげられます。
例えば仮性陥没乳頭の場合、日頃から乳首マッサージを行っていると、陥没乳頭が改善するので母乳育児などをスムーズに開始することが可能です。
妊娠している間、乳首を刺激することによりホルモンの影響から子宮収縮を引き起こす可能性があり、妊娠中のマッサージは医師の指示の元で行うよう注意しましょう。
マッサージする場合、入浴時や入浴後といった血流が良い時がおすすめです。
産後は授乳する前に行うと効果的で、遺伝性の陥没乳頭を悩んでいる人は多く、マッサージで改善することができます。
やり方は簡単で、手で乳房を支えながら片方の親指や人差し指・中指などの指で、乳輪の外から乳首にかけつまみ出しながら圧迫しましょう。
指で乳首をつまみ、引き伸ばすことによって遺伝性のものも改善することが可能です。
指でこよりを作る感じで指を動かし乳首をねじったり、圧迫していきます。クリームを利用すると便利で、簡単に行うことが可能です。

乳頭吸引器などいろいろな種類があります

遺伝性の陥没乳頭を治療する症例として、乳頭吸引器があります。
いろいろな種類があり、器具は育児用品を取り扱っている会社やネット通販から購入することが可能です。

使いやすさなど自分に合ったアイテムを検討し選ぶことをおすすめします。
何を選択したらよいか分からない場合、医師に相談すると良いでしょう。手術する方法もあり、人それぞれ遺伝などによって乳首の状態は異なります。
いくつか種類があり、乳管の働きを保存する方法として切断する方法があります。
陥没を改善することができますが、乳汁の分泌を妨げるケースもあるので育児を希望する場合、乳管を残すやり方を選択することが可能です。
乳管を温存しながらきれいに仕上げることができ、40分前後で施術を受けることができます。
尚、授乳に何かしら支障が出る場合、授乳障害の疾患となるので保険が適用されているので便利です。
医療機関によって金額は異なりますが、目安では約5万円~30万円ぐらいになります。
形成外科はもちろん、整形外科も保険適用を行っている病院があります。

まとめ

陥没乳頭を治療するにはいろいろな種類があり、マッサージで改善することができます。
自分で簡単に行うことができ、多くの人が利用している方法です。
入浴時や入浴後など血流が良い時がおすすめで、乳頭吸引器などの機械を使う人も多く、医療機関において施術を選択することができます。
陥没乳頭を短時間で施術することができ、中には保険が適用されるケースもあるでしょう。
乳管を残すことができ、乳管を温存しながら仕上げることができます。